iTunes DJってなに?

「iTunes DJ」は、曲のランダム再生機能です。

iPod touchやiPhoneのアプリケーション「Remote」をインストールすると、曲の再生などをコントロールできるリモコンがわりに使えます。
使っていないマシンをiTunes再生専用にして、みんなでiPhoneやiPod touchで曲リクエストして楽しむことができます。

iTunesでの設定

iTunesを起動したら、プレイリストの下にある「iTunes DJ」を選択して、表示された画面の右下にある「続ける」をクリックします。

iTunesDJの設定画面

iTunesDJの画面

デフォルトでは、再生した曲/5曲(グレーアウト)、これから再生する曲/15曲が表示されます。曲の再生が終わるたびに新しい曲がランダムに選ばれて、これから再生する曲の最後に追加されます。画面の右下に「更新」ボタンがあり、このボタンをクリックすると、全曲ランダムに選びなおしてくれます。

iTunesDJの画面

iTunesDJを「Remote」で操作する

iPod touchやiPhoneのアプリケーション「Remote」をインストールするとWi-Fi機能を使って、iTunesDJを操作することができます。同じ無線LAN環境であれば、他のユーザーも利用することができます。

「Remote」

利用を許可するには、画面右下に表示されている「設定...」をクリックします。
表示された画面の「ゲストがRemoteでiPhoneまたはiPod touch用の曲をリクエストすることを許可」にチェックを入れます。投票の許可やパスワード入力させることもできます。

「Remote」で操作するための設定画面

iPod touchから曲をリクエスト

Remoteを起動iPod touchのトップ画面から、「Remote」のショートカットをタップして起動します(パスワードを設定した場合は、パスワードの入力を要求されます)。

RemoteでiTunesにアクセスUSERのライブラリを選択します。

曲をリクエストデフォルトでは、現在再生中の曲が表示されます。
画面下の「曲をリクエスト」をタップすると、曲をリクエストすることができます。リクエストした曲は、リクエスト数に応じて再生の順番が早くなります。

アーティストを選択する「曲をリクエスト」をタップ後に、アーティストの一覧が表示されます。リクエストしたい曲を選んで、タップすると、iTunesにリクエストが送信されます。

「Remote」から投票すると、再生順が入れ替わり、投票されたものがより早く再生されます。曲の横に投票の数が表示されます。

「Remote」で操作するための設定画面

オススメ

このページ先頭へ