iTunesのバックアップがCドライブを圧迫している場合

iPhoneを変えたり、リカバリーなどを実施すると以前のiPhoneのバックアップが残ってしまい、Cドライブを圧迫することがあります。
その場合は、不要なバックアップを削除して、Cドライブの空きをつくってあげましょう。

iTunesを起動して、メニューから「設定」で「デバイス」を選択します。

マウスを表示されているバックアップのリストの上に移動すると、バックアップしたiPhone の電話番号、IMEI (International Mobile Equipment Identity) 番号、シリアル番号が表示されます(iPad および iPod touch の場合はシリアル番号のみ)。この情報を参考にして、削除するバックアップを特定します。

削除するバックアップを選択して、「バックアップを削除」をクリックします。

選択したバックアップを削除してもよいかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「バックアップを削除」をクリックして削除を確定します。「OK」をクリックすると削除されます。

バックアップ

バックアップファイルを直接削除

直接削除する場合は、
Windows Vista、Windows 7 および Windows 8の場合は、下記の場所にファイルがあります。

¥ユーザー¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

にファイルがあるので、最新のファイル以外を削除してください。

オススメ

このページ先頭へ