新しいiPodを登録する方法

新しいiPodを購入した時のiPodの設定方法をiPod touchで紹介します。

同期する。

旧iPodをiTunesに接続して、同期します。
※コンピュータから同期したファイルはバックアップされないので、同期することが必要です。

バックアップをとる

旧iPodを接続して、バックアップをとります。
デバイスのiPodを右クリックして、メニューを表示させ、バックアップを選択します。
バックアップできるものはこちら

バックアップをとる

新しいiPodを接続する

新iPodを接続するとiTunesで自動で認識されます。
「続ける」をクリックして、iPodのユーザー登録を行います。

iPodのユーザー登録画面

iPodソフトウェア使用許諾契約が表示されるので、画面下の「iPodソフトウェア使用許諾契約を読んだ上で同意します。」にチェックを入れて、「続ける」をクリックします。

iPodソフトウェア使用許諾契約画面

Apple IDを登録します。
旧iPodで利用していたIDがあるので、それを利用しましょう。IDとパスワードを入力して、「続ける」をクリックします。

Apple IDを登録画面

iPodのユーザー登録を行います。
名前、住所などiPodのユーザー登録を行います。

iPodのユーザー登録画面

iPodの設定を行います。
「新しいiPodとして設定」するか、「バックアップから復元」の選択画面が表示されます。
旧iPodのデータを引き継ぎたい場合は、「バックアップから復元」を選択します。
「新しいiPodとして設定」を選択すると、キーチェーン情報や連絡先などが新iPodに反映されないので、注意してください。

iPodの設定画面

iOSのアップデート。
設定が終わるとiOSのアップデートを行うかの確認画面が表示されます(画面はiOS5へのアップデート)。

iOSのアップデート

バックアップからの復元と同期。
iOSからのアップデートが終わると、バックアップからの復元と同期が行われ、旧iPodからのデータが引き継がれます。

バックアップからの復元と同期

これで、新iPodの設定は完了です。次回以降iTunesに接続すると同期などが行われます。
iPodを友達にあげる場合はiPodを初期化を参照ください。

オススメ

このページ先頭へ